社会福祉法人 瑞穂福祉会
〒696-0312
島根県邑智郡邑南町出羽293-5
0855-83-1313
0855-83-1314

 

救護施設さつきの園

出羽保育園

高原保育園

市木保育園

東光保育園 瑞穂子育て支援センター

阿須那保育所

口羽保育所

 

 

>
高原保育園

高原保育園 TEL:0855-84-0529

外観写真

 

アクセスマップ
〒696-0404 邑智郡邑南町原村644-1
TEL:0855-84-0529
IP電話:050-5207-5430
FAX:0855-84-0529
園と猿のイラスト

 

高原保育園からのおしらせ

 

2018/01/12 大雪が降りました。
昨日、今日と降った雪が天気予報では78㎝となっていました。園庭でも年長児がものさしを持って雪の降る量を図っていました。お子さん達の遊ぶ姿は9日撮影し、玄関は12日の写真です。
2017/12/18 もういつく寝ると♪
JAの方とサンホームにいって餅つきをし、保育園でシルバーの方たちと餅つき会をしました。
お正月の歌を歌い、一気にお正月気分になりました。シルバーの方が「子どもたちとごはんを食べると元気をもらうわ。」と話しておられました。つきたて、焼きたてのお餅をみんなでお腹いっぱい食べました。
2017/11/17 銀杏のじゅうたん
10月は食欲の秋。外でサンマ焼きや一年生と収穫した大豆を使って豆腐作りをしました。
11月は紅葉のきれいな高原神社で銀杏の葉をまいたり、かくれんぼをしたりと大声を出して、大笑いしながら遊びました(写真に写っている日付は設定ミス2017/11/10撮影です。)
2017/09/20 高原保育園の運動会
雨の中、体育館で行いました。ひとり一人が力を発揮し、力を合わせ「はずかいいけど、がんばるよ!みんなでチャレンジしよう。」という目標を達成しました。最後の閉会式は保護者の方から手作りメダルをいただき大満足の笑顔があふれていました。今度は秋を見つけにでかけます。
2017/08/31 今日、プール納めをしました。
7月18日~から始めたプール遊びですが、一人ひとり目標を決め、みんなの前でできることを
プールの中で披露し、先生からメダルをもらいました。降園時に「母さん見てー金メダルー」と
お家の方に話をしていたお子さんもおられました。

 

すべて見る

 

保育目標

  • 心身ともに豊かな子ども
  • 意欲をもつ子ども
  • 思いやりのある子ども
  • 自分で考えて行動できる子ども
  • 物を大切にする子ども
イラスト

 

保育園の概要

定員 40名
入園年齢 0歳から就学前児
開園時間 月〜土 7:15〜18:15
利用時間 標準時間 7:15〜18:15(11時間)
短時間  8:30〜16:30(8時間)
延長保育 標準時間 18:15を超えて18:45まで
短時間  7:15〜8:30及び16:30を超えて18:45まで
土曜日は18:15を超えての延長保育はありません。

 

組編成
年齢 0歳児 1歳児 2歳児 3歳児 4歳児 5歳児
組名  もも いちご りんご みかん ぶどう  
人数 1名 7名 6名 9名 9名 5名 37名

 

職員構成
園長 1名
主任保育士 1名
保育士 7名
保育支援員 2名
調理員 3名
嘱託医(内科・歯科) 2名

 

保育事業

しまねすくすく子育て支援プラス事業

テーマ 『ゆっくり、ゆったり、ゆかいに子育て』

地域交流・世代間交流

地域に開かれた保育園としていろいろな世代の方との交流を行います。

  • 保育園・保育所・小学校・中学校
  • お年寄りの方(シルバー大学・布施、高原地域の方)
  • お茶の作法伝承
子育て講座

保護者の方と子育てについて考えていきます。

  • わんぱく教室(年2回食と歯について)
  • 畑作りと収穫祭
  • 七夕会
延長保育

保護者の方の就労形態の多様化、通勤時間の増加等に伴い、保育時間を延長して子育ての支援を行います。
30分延長(標準時間・短時間利用共に)

特別支援向上推進事業(障がい児保育・発達促進保育)

何らかの特別な支援が必要なお子さんの保育については、法人に「特別支援向上推進委員会」を設置し、職員の保育の質の向上を図りながら、その種類や程度に応じた保育について保護者の方や主治医、専門医、専門機関、行政等との連携を取りながら、努めています。

 

高原保育園の食事

栄養のバランスを考え、できるだけ旬の素材を取り入れた食事作りに心がけています。

 

  • アレルギー食、離乳食、除去食を個々に対応しています。
  • 3歳未満児は午前と午後の2回のおやつ、3歳以上児は午後1回のおやつがあります。
  • 有機農法での菜園作りを通して、採りたてを味わったり、クッキング保育や食事形態の工夫によって楽しく食べることを心がけています。
  • 地元の農家の野菜を使って食事を作ります。
  • 地元産のお米を使っての完全給食です。

 

1日の流れ、主な行事はこちら