社会福祉法人 瑞穂福祉会
〒696-0312
島根県邑智郡邑南町出羽293-5
0855-83-1313
0855-83-1314

 

救護施設さつきの園

出羽保育園

高原保育園

市木保育園

東光保育園 瑞穂子育て支援センター

阿須那保育所

口羽保育所

 

 

>
高原保育園

高原保育園 TEL:0855-84-0529

外観写真

 

アクセスマップ
〒696-0404 邑智郡邑南町原村644-1
TEL:0855-84-0529
IP電話:050-5207-5430
FAX:0855-84-0529
園と猿のイラスト

 

高原保育園からのおしらせ

 

2018/10/06 運動会が終わり、高原神社へ散歩にいきました。
2018/09/04 猛暑の8月
サマーボランティアの小・中学生、小学校の先生保育見学、大学の実習生、一年生の交流と様々な年齢の方と関わりました。他園の先生や、スクールカウンセラーの先生に保育を見ていただき、園内研修を行いました。今の高原の自然環境を改めて見直し、一人ひとりの思い受け入れ、これからの保育で大切にしたいこと、していかなくてはいけないことを学びました。プールの合間には梅ジュース、しそジュースを飲み、たくさんの野菜をいただき、みんで分け合って食べました。
2018/08/06 7月暑い夏があっという間にやってきました。
7月なかなか更新できず、8月にはいってしまいました。地域のシルバーの方々に今年も園庭や駐車場の草刈りをしていただきました。今年は例年になく暑いので給水タイムを2回設けて、年長児さんがお茶を運んでくれました。園庭には草一つなく仕事の手早さと手際の良さはさすがです。プール遊びをし、休憩には梅ジュース、しそジュースを飲み、地域の方や保護者の方に頂いたすいか、トマトを食べ熱中症予防をしています。暑さの恵みで梅干しは大成功でした。
2018/06/28 今年もまき餅を作りました。
園児の祖父母と一緒にまき餅作りをしました。まきの葉700枚皆さんのご協力のもと集まりました。
一緒に作って、一緒に食べると笑顔もでますよね。苦手な物もみんなで食べるとおいしいよ。
お腹いっぱいの後は歯科検診を受けました。(年2回行います。)
2018/05/18 防災、安全教室をうけました。
保育園では避難訓練は毎月一回年12回以上、地震、火事、風水害、土砂災害等、年間の消防計画を策定して、消防署に届け出て行っています。交通安全教室は年2回、道路の渡り方や、川本警察署から来られて、園児向け、職員向けの不審者訓練を行います。0歳からのお子さんから就学までのお子さんには「くりかえし」行うことが大切になります。

 

すべて見る

 

保育目標

  • 心身ともに豊かな子ども
  • 意欲をもつ子ども
  • 思いやりのある子ども
  • 自分で考えて行動できる子ども
  • 物を大切にする子ども
イラスト

 

保育園の概要

定員 40名
入園年齢 0歳から就学前児
開園時間 月〜土 7:15〜18:15
利用時間 標準時間 7:15〜18:15(11時間)
短時間  8:30〜16:30(8時間)
延長保育 標準時間 18:15を超えて18:45まで
短時間  7:15〜8:30及び16:30を超えて18:45まで
土曜日は18:15を超えての延長保育はありません。

 

組編成
年齢 0歳児 1歳児 2歳児 3歳児 4歳児 5歳児
組名    もも         ばなな いちご りんご みかん ぶどう  
人数 1名 6名 8名 6名 9名 11名 41名

 

職員構成
園長 1名
主任保育士 1名
保育士 7名
保育支援員 2名
調理員 3名
嘱託医(内科・歯科) 2名

 

保育事業

しまねすくすく子育て支援プラス事業

テーマ 『ゆっくり、ゆったり、ゆかいに子育て』

地域交流・世代間交流

地域に開かれた保育園としていろいろな世代の方との交流を行います。

  • 保育園・保育所・小学校・中学校
  • お年寄りの方(シルバー大学・布施、高原地域の方)
  • お茶の作法伝承
子育て講座

保護者の方と子育てについて考えていきます。

  • わんぱく教室(年2回食と歯について)
  • 畑作りと収穫祭
  • TANABATAin高原
延長保育

保護者の方の就労形態の多様化、通勤時間の増加等に伴い、保育時間を延長して子育ての支援を行います。
30分延長(標準時間・短時間利用共に)

特別支援向上推進事業(障がい児保育・発達促進保育)

何らかの特別な支援が必要なお子さんの保育については、法人に「特別支援向上推進委員会」を設置し、職員の保育の質の向上を図りながら、その種類や程度に応じた保育について保護者の方や主治医、専門医、専門機関、行政等との連携を取りながら、努めています。

 

高原保育園の食事

栄養のバランスを考え、できるだけ旬の素材を取り入れた食事作りに心がけています。

 

  • アレルギー食、離乳食、除去食を個々に対応しています。
  • 3歳未満児は午前と午後の2回のおやつ、3歳以上児は午後1回のおやつがあります。
  • 有機農法での菜園作りを通して、採りたてを味わったり、クッキング保育や食事形態の工夫によって楽しく食べることを心がけています。
  • 地元の農家の野菜を使って食事を作ります。
  • 地元産のお米を使っての完全給食です。

 

1日の流れ、主な行事はこちら